自宅まで重たい水を届けてくれる

宅配水を利用している家庭が増えていますね。
今ではスーパーなどでも専用のボトルを購入すれば、無料でお水を
提供しているサービスもありますね。
また、スーパーやドラッグストアなどでもいろいろな種類の
お水が売られていて、そういったのを買ってくるって人もいます。
そういったお水を一度飲んでしまうと、どうも水道水の匂いが気になって
飲めなくなってしまいます。
そんなことから結局、飲料水は買ってくるって人も多いんじゃないでしょうか。
ですが、お水を買ってくるのって女性では結構大変なことです。
1本や2本買ってくるのではなく、1ケースとかまとめ買いをすることが多い
お水なので重労働です。
そこで宅配水を利用するようになるのではないでしょうか。
宅配水の利点は、重たいお水を自宅まで配達してくれるサービスです。
自宅の玄関先まで配達してもらえるのでとても助かります。
おいしいお水も飲めるので一石二鳥ですね。

宅配水を知っていますか?

いつでも美味しい水が飲みたいですよね。上部にボトルをセットして美味しい天然水を飲める機械の事を宅配水といいます。常時通電させることで水は常に新鮮な状態に保たれるので衛生的です。しかも一台で冷熱の両方に対応しているタイプもあるので、飲む際にすぐ冷たい水が飲めたり、沸かさなくてもお湯が出てきます。光熱費も安くなりますし時間も節約できる一石二鳥の機械です。

最近は多くの企業で宅配水は導入されています。待合室や自販機の隣など、街を歩いていても見かける機会が多くなってきました。

しかし企業には設置できるけれど一般家庭はどうなの?という声があると思います。実は宅配水を家庭に設置することは出来ます。クリクラ、アクアキララ、さくらウォーターなど沢山の業者があります。電話やインターネットからお気軽に申込が可能なんですよ。

そうはいってもいきなり宅配水を設置するのはちょっと、という人も多いと思います。そんな人は機械の無料レンタルサービスを利用して見てください。1ヶ月分の水代のみ徴収します。普通のペットボトルの容量は1.5~2リットルですが、宅配水専用のボトルは9~20リットルと大容量という点も家族が多い方には便利ですよね。しかも宅配水なら御自宅までの配送料が無料です。

備え付けのボトルだと衛生的にはどうなの?と思う方がいるかもしれませんが、宅配水のボトルは付け替え式なので一本使い終わったらボトルを業者が回収する仕組みになっています。とても衛生的で安心です。そのボトルは再利用されるので環境にも優しいシステムです。近年、多くの企業がエコ活動への取り組みを積極的に推進しているので宅配水はますます普及していく見通しです。

宅配水でお馴染みのクリクラの魅力

一瞬、宅配水はと聞かれたら宅配のおじさんとかに定期にペットボトルを持ってきてくれるサービスと思いきや、実際は違うみたいです。

よく歯医者さんや病院施設で水の大きい機械があって、そこを押したら美味しい水が出てきます。
それのことだったんですね。初めて知りました。

宅配水には大きい機械(これをサーバーと呼ぶ)とその他もろもろの費用が月額でかかるみたいです。
最初はいらんわとおもっていたのですが、ここだけは違うみたいです。
よくクレヨンしんちゃんのCMでお馴染みのクリクラのCMです。

気になるから調べてみたら、サーバー料金がかからないというのです。
他のメーカーはサーバーのレンタル料金がかかるのに、クリクラはかからないのです。

サーバーレンタル料金が無料に大分食いついてしまいました。
これは結構大きいし、魅力的です。

しかも安全らしいのです。

安全性と品質のどちらもが高い水を提供
クリクラでは健康になれてかつ美味しい水を提供したいと考えていますので、ミネラルバランスを絶妙なバランスに調整をしています。ピュアウォーターは安全性が高いと言われるのですが、味の方があまりよくありません。

しかし、クリクラではミネラルバランスを調整していることから、味の方も満足出来る仕上がりになっています。また、UV殺菌をしっかりと行ってフィルターでろ過をしており、その後の検査で合格となった水だけが、
クリーンルームでボトル化されているのです。
参考: 人気宅配水.jp

サーバーが必要なときは絶対ここに申し込みたいと思いました。

意外にかかる?ウォーターサーバーの電気代

ウォーターサーバーを導入する時、意外と忘れがちなのが電気代です。
ミネラルウォーターは塩素を除去しているため痛みやすく、開封後は冷蔵庫に入れるのが鉄則。
ウォーターサーバーにも冷蔵機能がついており、冷たい水が楽しめると共に、保存性を高めています。

ですから、使用していない時間帯でも、電源をオンしておかないといけません。冷蔵庫のようなものですから、意外と電気を食います。我が家ではだいたい、1,000円程度電気代がアップしました。

一見高く思えますが、ガスや電気ポットで沸かした場合の光熱費と、便利さを秤にかければ、妥当な線ではないでしょうか。
ほとんどのサーバーには、裏側に温水を切るスイッチがついているので、夜間や外出時はオフにすれば節約になります。省エネタイプのサーバーを用意しているメーカーもあるので、確認してみましょう。

それでも気になる方は、サーバーレンタル代無料の会社を使うのも手ですね。

身近になりつつあるウォーターサーバー

近頃は、いたるところでウォーターサーバーを見かける様になりましたね。
以前は、外見が少し無骨な給水機が主だったのですが、薬局や病院の待合室や温泉などでウォーターサーバーを置いていると、ついついそのサービスにあやかってしまいます。
ウォーターサーバーに使用しているお水は、それだけで美味しいお水というイメージがあるからなんでしょうね。

セレブなご家庭やたくさんのお客さんに向けたサービスをしている施設にあるものと思っていたウォーターサーバーですが、実は意外に気軽にレンタルできるようになっているようです。

というよりも、ウォーターサーバーに使用する水を定期購入することで、僅かな料金でレンタルしていただけるみたいなんです。
常に冷却水途上温水、そして温水と使い分けることができるウォーターサーバーがあるとコーヒーや紅茶などを飲む時だけでなく、赤ちゃんのミルクを入れる時にもサッと入れることができてしかも水道水よりも安全でおいしい水、うちの子供達はもう粉ミルクの時期はとっくに過ぎてしまっていますが
またもう一人機会があれば、ぜひ試してみたいものですね。

個人でウォーターサーバーを利用するメリット

会社のオフィス等では最近は当たり前のようにウォーターサーバーが設置されてあったりするものです。個人でも部屋に設置し、手軽に水分を補給できる環境を作っておられる方も増えてきているようですね。
自分の周りにもそんな友人が増えてきています。

ウォーターサーバーがあることのメリットは、なんといっても、綺麗なお水を切らすことなく、いつも冷たい状態や熱いお湯の状態で利用できるということ。

仕事から部屋に戻って、夜のくつろぎの時間になって水が切れていることに気が付き、慌ててコンビニに行くというような事も無くなります。

重たい水を買って家まで持って帰るという労力からも解放されるので、その分の時間をもっと自分の為に有意義に使えるようになるんですね。

これからは自宅にウォーターサーバーを設置するということが当たり前な時代になるのかもしれません。

ウォーターサーバーのしくみってなんだろな

最近テレビのCMなどでよく聞く「ウォーターサーバー」ですが、どのような仕組みなのでしょうか?

ウォーターサーバーとは、水宅配業者から借り入れたサーバをレンタルし、天然水の宅配をしてもらうことで毎日新鮮な天然水を自宅で楽しめ、不要なペットボトルも出さずにすむという、大変便利なサービスです。

24時間いつでも手軽に冷水・温水を使うことができ、水分補給やお茶・コーヒー・赤ちゃんのミルク作りなどに使用でき、水道水の臭いや安全性に不安や不満を持っている層に愛用されています。

それぞれのメーカーによってレンタル料金が異なったり、サーバー料金が無料のものもあります。なお、取り扱っている天然水の種類は違いますので、パンフレットを取り寄せるなどして自分に合った水かどうかをチェックして利用しましょう。